天満病院グループTENMA HOSPITAL GROUP

私たちについて

ABOUT US

利用者の幸せを考える組織で
あり続けます。It will continue to be the organization to think about the happiness of the user.

天満病院のグループの理念は「和顔愛語(わげんあいご)」です。
これは、「和やかな笑顔で優しい言葉をかける」という意味です。こうすることで自分も相手も自然に笑顔になれる気がします。
人を幸せにするためには個人の力だけでは難しく、幸せは家族や友人やいろいろな職種の方が、多方面から考え、協力することによってつくられるものではないかと思います。
天満病院グループは利用者様やご家族様の幸せを守るため、医療、介護、福祉に携わるスタッフが多方面から協力し、利用者様一人ひとりのためのサービスを選択出来るよう心がけております。
そのため、スタッフは、個々の専門性を高めるため常に施設内外で研修を受けており、また、グループとしても利用者のニーズに合わせ、いろいろなサービスを提供できる施設を県内に展開しております。
常に和顔愛語の精神で、利用者の幸せを考える組織であり続けます。

天満病院グループ代表 天満 仁

医療法人 栄寿会

医療法人 成悠会

社会福祉法人 みらい

沿革HISTORY

1976年
蔵本にて「天満内科病院」 21床を開設
1985年
「天満内科病院」36床に増床
1988年
「医療法人栄寿会」を設立
時を同じくして、米沢先生により「医療法人成悠会」が設立
1990年
名東にて「介護老人保険施設 名月苑」
「ひかるクリニック」19床を開設
1991年
中村先生により「医療法人精良会」が設立
2001年
「グループホームひかる」を開設
「天満内科病院」を名東へ移転し、「天満病院」へ名称変更
2005年
福本眼科を開業
2006年
てんま発達支援センターを開設
2007年
ジュニアクラブを開設
2008年
福本礼先生 栄寿会理事長に就任
2009年
天満仁先生 成悠会理事長に就任
小松島にて「南徳島クリニック」「介護老人保健施設ゆうゆう荘」を開設
2013年
にこにこ園を開設
2014年
医療法人精良会と栄寿会が合併
栄寿会が阿南にて「阿南天満クリニック」「介護老人保健施設阿南名月苑」を開設
天満病院 55床に増床
「社会福祉法人みらい」を設立
天満英子 みらい理事長に就任
栄寿会より「にこにこ園」「ジュニアクラブ」
「てんま発達支援センター」(「こども未来ステーション徳島」に改称)を移譲
新たに「ワークステーション未来」「こども未来ステーション神戸」「ジュニアクラブ蔵本」を開設
2015年
「住宅型有料老人ホーム 天満ウェルネス二軒屋」を開設
2016年4月
「住宅型有料老人ホーム 天満ウェルネス名東」「ワークスタイル未来A・B」を開設
2016年8月
天満病院 蔵本へ移転